B型 IT Engineer

アクセスカウンタ

zoom RSS Oracle XE (RedHat)

<<   作成日時 : 2011/03/26 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

------------------------------------------------------------
■Oracle Database 10g Express Edition(XE) インストール【Fedora5】
------------------------------------------------------------
1.Fedora5の準備

物理メモリのサイズに応じて、swapの空き領域として必要なサイズが異なります。
物理メモリ 必要空きSwap領域
240MB〜256MB 物理メモリ x 3
257MB〜512MB 物理メモリ x 2
512MB〜682MB 物理メモリ x 1.5
683MB〜 1GB
※物理メモリ = `cat /proc/meminfo | grep '^MemTotal' | awk '{print $2}'`
※必要空きSwap領域 = `free -m | grep Swap | awk '{print $4}'`


すでにFedoraをインストール済みでスワップファイルが不足している場合、
スワップファイルを作る。
------------------------------
Linux でファイル上にスワップ領域を作るには を参考にしてください。

SELinuxやポートフィルタについては、必要に応じて適切に設定してください。

Oracle Database XEインストール時に
以下の要件を満たさないカーネルパラメータが必要に応じて自動で変更される。

◆パラメータ 値
------------------------------
semmsl 250
semmns 32000
semopm 100
semmni 128
shmmax 536870912
shmmni 4096
shmall 2097152
file-max 65536
ip_local_port_range 1024?65000
------------------------------


2.Fedora CORE5の不足しているパッケージをインストール

Fedora5のパッケージが不足してい場合があるので、
下記のパッケージを追加でインストールしてください。

◆パッケージ ファイル名 ディスク番号
libaio libaio-0.3.104-2.i386.rpm #3

ex.)
------------------------------
# rpm -ivh /media/cdrecorder/Fedora/RPMS/libaio-0.3.104-2.i386.rpm
------------------------------
か NW経由でインストール
------------------------------
#yum -y install libaio
------------------------------


3.Oracle Database 10g Express Editionのダウンロード

http://www.oracle.com/technology/software/products/database/xe/index.html
からLinux用のリンクをたどり、
oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386.rpmをダウンロードします。


ダウンロードしたOracle Database 10g Express Editionをインストール(user : root)
------------------------------
# rpm -ivh oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386.rpm
------------------------------

インスタンスの作成と設定(user : root)
インスタンスを作成(create database)し、その管理アプリケーションのHTTPポート番号、
データベースリスナーのポート番号、SYS・SYSTEMユーザーのパスワード、
OS起動時に自動でデータベースが起動する設定を行います。
------------------------------
# /etc/init.d/oracle-xe configure

Oracle Database 10g Express Edtion Configuration

Specify the HTTP port that will be used for Oracle Application Express [8080]:8888 ←私はデフォルト値を変更
データベース管理を行うアプリケーションのHTTPポート番号
Specify a port that will be used for the database listener [1521]:
データベースリスナーのポート番号

Specify a password to be used for database accounts.〜
SYS・SYSTEMユーザーのパスワード

Do you want Oracle Database 10g Express Edition to be started on boot (y/n) [y]:
OS起動時にデータベースを開始するか
------------------------------


4.環境変数の設定(オプション)

利用するユーザーの.bash_profileまたは.bashrcファイルに以下の行を追加します。
------------------------------
# . /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/bin/oracle_env.sh
------------------------------

これでインストールは完了。
ORACLE_HOME : /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server
ORACLE_SID : XE
データファイル : /usr/lib/oracle/xe/oradata/XE
Oracleのオーナー : oracle

5.DBへの接続確認

------------------------------
$ sqlplus

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 土 8月 5 09:00:39 2006

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.

ユーザー名を入力してください:
パスワードを入力してください:
$ sqlplus

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 土 8月 5 09:00:57 2006

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.

ユーザー名を入力してください: system
パスワードを入力してください:


Oracle Database 10g Express Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
に接続されました。
SQL>
------------------------------

6.DBの詳細確認
------------------------------------------------------------
SQL> select instance_name, status, version, edition from v$instance;

INSTANCE_NAME STATUS VERSION EDITION
---------------- ------------ ----------------- -------
XE OPEN 10.2.0.1.0 XE


SQL> select * from v$version;
BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Express Edition Release 10.2.0.1.0 - Product
PL/SQL Release 10.2.0.1.0 - Production
CORE 10.2.0.1.0 Production
TNS for Linux: Version 10.2.0.1.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.1.0 - Production


SQL> select * from v$nls_parameters;
PARAMETER VALUE
----------------------- --------------------------
NLS_LANGUAGE JAPANESE
NLS_TERRITORY JAPAN
NLS_CURRENCY
NLS_ISO_CURRENCY JAPAN
NLS_NUMERIC_CHARACTERS .,
NLS_CALENDAR GREGORIAN
NLS_DATE_FORMAT RR-MM-DD
NLS_DATE_LANGUAGE JAPANESE
NLS_CHARACTERSET AL32UTF8
NLS_SORT BINARY
NLS_TIME_FORMAT HH24:MI:SSXFF
NLS_TIMESTAMP_FORMAT RR-MM-DD HH24:MI:SSXFF
NLS_TIME_TZ_FORMAT HH24:MI:SSXFF TZR
NLS_TIMESTAMP_TZ_FORMAT RR-MM-DD HH24:MI:SSXFF TZR
NLS_DUAL_CURRENCY
NLS_NCHAR_CHARACTERSET AL16UTF16
NLS_COMP BINARY
NLS_LENGTH_SEMANTICS BYTE
NLS_NCHAR_CONV_EXCP FALSE


SQL> select file_name, bytes from dba_data_files;
FILE_NAME BYTES
-----------------------------------------------------
/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/users.dbf 104857600
/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/sysaux.dbf 482344960
/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/undo.dbf 183500800
/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/system.dbf 356515840


SQL> select file_name, bytes from dba_temp_files;
FILE_NAME BYTES
--------------------------------------------------------------------------------
/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/temp.dbf 20971520


SQL> select username, account_status from dba_users;
USERNAME ACCOUNT_STATUS
------------ ----------------
SYS OPEN
SYSTEM OPEN
ANONYMOUS OPEN
MDSYS EXPIRED & LOCKED
OUTLN EXPIRED & LOCKED
DIP EXPIRED & LOCKED
TSMSYS EXPIRED & LOCKED
FLOWS_FILES EXPIRED & LOCKED
CTXSYS EXPIRED & LOCKED
DBSNMP EXPIRED & LOCKED
FLOWS_020100 EXPIRED & LOCKED
XDB EXPIRED & LOCKED
HR EXPIRED & LOCKED

7.データベースの起動と停止

------------------------------
起動 # /etc/init.d/oracle-xe start

停止 # /etc/init.d/oracle-xe stop
------------------------------
インスタンスの作成と設定時に、OS起動時にデータベースを開始する設定にした場合は、 # service oracle-xe { start | stop }
で、開始/停止をすることもできます。








ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by  の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
Oracle XE (RedHat) B型 IT Engineer/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/06 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Oracle XE (RedHat) B型 IT Engineer/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる