Linux でファイル上にスワップ領域を作るには

Linux でファイル上にスワップ領域を作るには

現在のスワップサイズを知る

/proc/meminfo もしくは /proc/swaps を見る
スワップファイルの用意(64MB のスワップファイルを作る場合)

1024 バイト単位で 65536 回の読み書き

# dd if=/dev/zero of=/swap/swap0 bs=1024 count=65536
65536+0 records in
65536+0 records out
# chmod 600 /swap/swap0
# ls -l /swap/swap0
スワップファイルの初期化

65536 の部分は count= に入れた値と同じものを使う

# mkswap /swap/swap0 65536
Setting up swapspace version 0, size = 67104768 bytes
スワップ領域の有効化

# swapon /swap/swap0
スワップ領域の無効化

# swapoff /swap/swap0
起動時に自動的に有効にするには

/etc/fstab に以下の行を追加する

/swap/swap0 swap swap defaults 0 0



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Oracle XE (RedHat)

    Excerpt: ------------------------------------------------------------ ■Oracle Database 10g Express Edition(X.. Weblog: B型 IT Engineer racked: 2011-03-26 20:25